久しぶりの釣行(副題波止をなめてはいけません)

植え付けが終了して時間が取れるようになりました。何時もの年なら即石鯛狙いです。でも、天気が悪いのです。雨が降ります。波が出ます。磯は無理です。
 
で、鳴門支部10時到着の段取りでスタートです。ショバ代に数日前に収穫した富有柿を持ってゆきます。
 
で、鳴門支部経由で目的の波止に到着です。今日のタックルは今春亡くなった友人の形見です。オキアミと粉を混ぜマキエを作ります。準備が整い釣り開始です。
イメージ 1
今日は写真を撮り忘れました。イメージです。
 
すぐにアタリがあり、20㌢ほどのキュウセンベラです。次はイソベラ。次はクジメ。狙いはアイゴなのです。僕は愛に恵まれないのか。半分ふてくされながらも水族館並の釣果です。
 
開始後、1時間ほどしてついに愛に恵まれました。と油断していたらハリ外れです。
 
で、14時までにアイゴ2匹です。ハリ外れ、ハリス切れ等でバラシ3回、腕が悪すぎます。で、鳴門市部長が仕事をさぼって登場です。
 
さすがに地元です。手際よく釣り上げます。僕も負けじと頑張りますが、やはりハリ外れ、ハリス切れ多発です。
 
原因はわかっています。フグが多く度々ハリを取られます。油断をすればハリスは傷だらけです。波止をなめてかかっていたので、細かいチェックを怠っていました。もしかしたら、友人が殺生をするなと言っていたのかも知れません。
 
いずれにせよ、ほどほどの釣果で久しぶりに楽しい一日でした。

この記事へのコメント